≪色・柄・状態について≫
クリーニング済 リサイクル訪問着です。

◆状態ランク:AB
(画像1)左肩から5cmにシミがあります。
(画像2)右衿に白いスジがあります。
(画像3)八掛いスジがあります。
着用時に気になるほどではないかと思われますが、難が気になる方はご考慮ください。

◆質感
柔らかくしなやかな正絹地の訪問着です。
生地に大島紬特有のシャリ感が感じられます。
薄手で軽やかな大島紬地です。
模様の部分に絞りのしぼがあります。

◆色柄
黒地に織による縦ラインの絣模様が織り込まれています。
葉っぱの部分は絞りによる染めの模様です。
金彩も所々に使われています。
絞り染め、金彩、織模様を使った訪問着です。
シックな色合いでモダンでおしゃれなカジュアル訪問着です。

◆着用シーン
お出かけや同窓会、観劇やコンサートなどにも、おしゃれ着・社交着に

◆着用時期
10月始めから5月末まで

◆着用の目安
※あくまでも目安です。体格による多少の個人差があります。
ヒップ90cmくらいまで
推奨身長150cmから160cmくらいまで
※推奨身長以下の方でも着付けの工夫で着用可能です。

◆ちょこっと直し
裄・・・袖巾3.5cmお出しできます(¥4000)※表記以上のサイズをご希望の方はご相談ください(別途料金かかります)
袖丈・・53cmまでお出しできます(¥3000)
身丈・・あと10cmほどお出しできます(¥12000)
身幅・・ご相談ください(¥8000)

※お直し・加工ご希望の際は、ご注文時備考欄に希望詳細をご記入ください。後ほど、当店にて、金額訂正し、改めてメールをお送りいたします。
※現状の仕立て方法・生地の質感・色柄により、お直し後、若干のスジ跡が残る可能性があります。実際に解いてみますと、表示寸法までお出しできない場合がございます。

※コメント:松尾
HORS
サイズ
身丈:155 cm 袖丈:47 cm
裄: 62.5cm
(袖幅: 32cm 肩幅:30.5 cm)
前幅: 22.5cm  後幅:27 cm
衿:広衿
素材
【表地】正絹
【裏地】胴裏:正絹 八掛:正絹
【表地】地色: 黒
    柄色:ベージュ・金・緑・紫など
【裏地】八掛:紫
用途
おしゃれ着・社交着に
商品特徴
●リサイクル着物
●手縫い仕立
●安心の「クリーニング済」




●サイズ・ランク・寸法について詳しくはこちらをご確認ください

●送料について をご確認ください

●お手持ちのモ二ターのカラーバランスや
 光の状態によっては
 多少違ってみえる場合がございます。

●リサイクル商品に関しまして
 リサイクル着物専門店「きもの屋小町」では
 なるべく状態の良い物、着用できる物ばかりを
 ご紹介致しておりますが、何分
 アンティーク・リサイクル着物でございます。
 その点、ご理解の上お買い求めいただきますよう、
 お願いいたします。

メニュー

【内祝い】 【中古】リサイクル 訪問着大島紬地 絞り入り 黒 蔦 個性的 お洒落訪問着 カジュアル 【正絹】【中古着物】【リサイクル着物 きもの屋小町】:リサイクル着物 きもの屋小町

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【内祝い】 【中古】リサイクル 訪問着大島紬地 絞り入り 黒 蔦 個性的 お洒落訪問着 カジュアル 【正絹】【中古着物】【リサイクル着物 きもの屋小町】:リサイクル着物 きもの屋小町

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上