RME DIGIFACE DANTE USB

Danteに対応したRME初のオーディオ・インターフェイス

 Digiface Danteは、PA、設備、スタジオ、カンファレンスシステム業界に置いて導入が進んでいるネットワーク規格Danteに対応するRME初のオーディオ・インターフェイスです。


 オーディオ・インターフェイス市場において定評のあるRMEのドライバー技術により、低レイテンシーと安定性は従来どおりに、256チャンネルものオーディオ・データを直感的に扱うことが可能です。搭載されるヘッドフォン出力は、ヘッドフォンによるモニタリングはもちろん、ステレオ・ライン出力として活用することもできます。

 Danteネットワークと接続を行うイーサネット・ポートは、プライマリーとセカンダリーをそれぞれ2つ、計4つ搭載し、冗長性を備えるだけでなく、4ポートのスイッチング・ハブとしても活用することができます。また、コンピューターとの接続を行わないスタンドアローン・モードにも対応しており、スタンドアローン時は、シンプルな「Dante<>MADI コンバーター」として機能します。また事前に設定しておくことで、任意のミックスをヘッドフォン・

モニタリングすることも可能です。

 また、RMEの提供するMADI伝送技術により、MADI機器との接続の際にはMADI信号内のクロックを認識するため、別途ワードクロックを接続する必要はありません。

*MADI コアキシャル入出力端子はワード・クロック入出力端子と切り替えて使用します。

メニュー

大流行中! RME DIGIFACE DANTE USB オーディオインターフェイス/スイッチング・ハブ/コンバーター:サンフォニックス店

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

大流行中! RME DIGIFACE DANTE USB オーディオインターフェイス/スイッチング・ハブ/コンバーター:サンフォニックス店

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報